UR賃貸 契約名義

40歳からの結婚生活入門 » 新居への引越し » 新居探し(8)UR賃貸で無事に契約できたけどまさかの事態に!?
dentaku

新居探し(8)UR賃貸で無事に契約できたけどまさかの事態に!?


いよいよ契約の日が!

dentaku

仮契約の最終日となる日に奥さんと一緒にUR賃貸に行ってきた。

書類の準備は万端である。印鑑も持ってきた。入居の条件の所得金額もクリアしているはず。一つ気にかかる問題は自分が自営業だということ

最後の土壇場でやっぱり契約できないなんて事態もひょっとしてあるかもと思いつつもUR賃貸の某店へ行ってきた。

担当の女性にさっそく書類を見せる。ドキドキしながら見守っていると、課税証明書と今年の確定申告書の控えを見比べて、急に電卓を取り出して計算を始めた。

「396割る2は・・・」とつぶやく担当者。

あれっ???入居の条件は夫婦合算で396万円以上だったはず。

合算でいいなら「割る」というのはおかしいよなぁ。もしかして最低でも396万円の2分の1以上は必要という条件でもあったのか?

内心、ヤバいと思いつつ、待っていると、担当者は言う。

「このままではちょっと契約できないので・・・」

∑(゚Д゚)ガーン!!

と思ったが、さらに担当者は続ける。

「奥さんの方が所得が多いので、契約名義を奥さんの名前にして、旦那さんはその婚約者ということにしましょう

・・・なるほどー(^_^;)

奥さんは決して収入が多い方ではないが、サラリーマンなので税金や社会保険額を差し引いた所得金額は270万円

一方、自営業のシオゾーは年によってまちまちだが、今年の所得は150万弱。総収入では多いのに、経費でいっぱいつけるから所得は低いのだ。

節税という面ではいいけど、まさかこんな時に支障が出るとは思わなかった。

結局、契約書の名義の箇所をシオゾーと奥さんをチェンジして書き換えることになった。

奥さんばかりに書類を書かせて申し訳ない思いもする。

せっかく書いてきた婚約者を証明する書類も書き換えることに。

ここではたと気づいてしまった。われわれ夫婦の場合、世帯主は奥さんになるということに!

イタタタ………_| ̄|○

まあ、奥さんの方は住宅手当も出るし、扶養が増えるので税金も少しはラクになるだろう。メリットも多少はあるのでいいのだが、男としては沽券に関わる問題かも。

なんか格好つかないよなぁ。

世帯主が奥さんというと、まるで奥さんに食わしてもらってるみたいだし…。

早く所得金額で逆転できるようにもっと仕事を頑張ろうと心に誓ったのは言うまでもない。

こういうときにおおらかな性格の奥さんが全然気にしないでいてくれるのが非常にありがたいと思った。

.

.

         


結婚費用でお金がかかって心配な方へ⇒婚活 キャッシング
簡単ネット審査で借入可能か即回答!すぐ借りれるカードローンは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

すぐ婚限定特典で人気式場も大幅割引!【すぐ婚navi】で結婚式場を予約