婚姻届 本籍地

40歳からの結婚生活入門 » 入籍手続き » 入籍(6)婚姻届の書き方:本籍地と住居表示の違いに注意!
DSC03884

入籍(6)婚姻届の書き方:本籍地と住居表示の違いに注意!


DSC03884
↑ 賞状タイプの婚姻届受理証明書です。

結局、書き間違えた(^_^;)

婚姻届を書いて、父親のところへ持って行き、サインをお願いした。父親は実家の本籍地を見て、「これはヤバいなぁ・・・」とボソッとつぶやいた。

「えっ?何事・・・?」

実は、実家の住所のあたりは昔、一斉に住居表示が変更になったことがある。町名までは同じで、その後の○丁目○番地のあたりが変更になった。

てっきり、本籍はその新しい表示に自動的に変更になっていると信じて疑わなかったのだ。

しかし、本籍が表示される住民票などを区役所に行ってもらうたびに本籍の表示が変わってないのを不思議に思っていた。

疑問に思ったものの、そこで思考は止まり、ずっとスルーしてしまっていた。しかし、見たまんまが正解だったのだ。

住居表示は市や区の都合で変えただけで、便宜上の表示。
本籍地は基本的に変更なし。

シオゾーは間違えて現在の住居表示を記入してしまい、父親から訂正されることになってしまった。訂正印が必要になる。

幸いにも区役所に婚姻届を取りに行ったときに、封筒の中に2枚入っていたので、予備の1枚にもサインしてもらい、結局、奥さんには2枚とも渡すことになった。

もっとも奥さんの方でも書き間違えて、結局、2枚とも訂正印が入ることになってしまった。

住居表示と地番の違いについて

登記簿謄本に書かれた住所は「地番」といい、これは不動産用語になります。

法務局の管轄になり、土地に割り振られた番号で、土地の実際の所有者など法律上の権利をはっきりさせるためのものです。

一方、普段、郵便とか一般的な手続きで記入する住所は「住居表示」といい、これは各自治体の管轄になります。

市町村がその自治体に住んでいる人の場所を分かりやすくするために住所番号を各住宅に割り振っています。

昔は本籍地=住所地が普通だったのですが、地番はけっこうバラバラについていることが多く、隣の家だからといって連番になっているわけではありません。

また2つの土地の上に1つの建物が立っていたり、1つの土地の上に2つの建物が立っていることも増えてきたので、今までの管理方法では不都合が生じることになりました。

そこで、住所を聞いたらどこにあるのか分かりやすいように住居表示というのが考えだされたようです。

「番地」と「番」の違いについて

これも戸惑ったのですが、婚姻届には「番地」と「番」のどちらなのか丸をつけるところがあり、この時初めて「あれっ?どっちだったっけ?」と疑問に思いました。

これは何が違うのかというと、

住居表示が行われているところでは

~町~丁目~番~号と表示されているので、「番」になります。

一方、本籍地のままなら「~町~丁目~番地」となります。

こんな違いがあるとは知らず新鮮な驚きがありました(^_^;)

>>(7)へ続く
.

トピックス

結婚式は一生に一度の大切な思い出です。

その日だけは、自分のこだわりを通すことにワガママになってもいいのではないでしょうか?

そこでおすすめなのがウェディングの形を自分流にアレンジできブライダル専門の「ミュゼ」さんです。

例えば甘口のウェディングブーケから大人かわいいベール、みんなに注目されちゃうティアラやブライダルアクセ、インナー、リングピローまで花嫁さんをトータルでコーディネート!

ありきたりでない印象的なコーディネートで、数々のオリジナルスタイルのウェディングを演出しています。一生に一度の大切な一日だということを忘れずに♪

ブライダル専門ショップ「ミュゼ」 http://www.lemusee.jp/

.


結婚費用でお金がかかって心配な方へ⇒婚活 キャッシング
簡単ネット審査で借入可能か即回答!すぐ借りれるカードローンは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

すぐ婚限定特典で人気式場も大幅割引!【すぐ婚navi】で結婚式場を予約