婚姻届 受理証明書 賞状タイプ

40歳からの結婚生活入門 » 入籍手続き » 入籍(7)婚姻届の提出 賞状タイプの「受理証明書」を貰う
DSC03886

入籍(7)婚姻届の提出 賞状タイプの「受理証明書」を貰う


実際に区役所に持っていく

今回、婚姻届を提出することにしたのは銀座のある中央区役所。

二人でよくデートした銀座がいいだろうということでここにしてみた。

地図で言うと地下鉄の新富町駅から降りてすぐの場所。JR有楽町から行くならマロニエゲートの脇をどんどん奥に進んでいった先に警察署があり、その隣のビルが区役所になる。

11時過ぎに行き、婚姻に関係する戸籍課のあたりで順番待ち。規模が小さいのか?それほど待たずに順番が来た。

対応してくれた女性が入念に書類をチェックする。

シオゾーも奥さんも自分の本籍地以外の場所なので、全部記載の戸籍謄本を持参する。さらに運転免許証で身分証明を行う。

この後、その女性がそれぞれの本籍のある自治体に電話して、確認することになる。ここでしばらく待つことに。

賞状タイプの「受理証明書」をもらう

やがて確認が終わり、奥さんが職場に提出が必要だからという理由で「受理証明書」が欲しいと担当の女性に言う。

シオゾーもすかさず、「賞状タイプのものがあると聞いたんですが…」と聞くと、すぐ理解してくれたようで、対応してくれることに。

受理証明書をもらうには書類を書く必要がある。受理証明書は1通につき350円。賞状タイプの受理証明書は「その他」の欄に記入する。こちらは1通につき1,400円でちょっと高い。

また記入の仕方がよく分からなかった「自分の職業」と「同居を始めた年月日」については、

「自分の職業」→「何も指摘されず、空欄のままだった」
「同居を始めた年月日」→「『空欄のままにしておいて下さい』と言われた」

と、あっさり解決してしまった。

出来上がるまで周辺をぶらついて時間を潰すことに。

賞状を受け取りましたヽ(=´▽`=)ノ

戻ってきて再び担当女性に対応してもらう。賞状タイプは大きさがB4サイズで、賞状を入れる筒も一緒に貰うことができる。

実はどうやって持ち帰ろうかと思っていたので、筒があるのは有りがたかった。

この賞状には自分と奥さんの名前、証人になってくれた両家の父親の名前が書かれている。なるほど、mixiのコミュニティで知ったとおり、これは受け取るとすごい記念になりそう。

シオゾーと奥さんは中央区役所の前で賞状を持ってさっそく写真撮影。いい思い出になりました(^^)

DSC03886

新居の生活が落ち着いたら額縁を購入して家に飾ってみるつもり。もし入籍済みだけどこの賞状が欲しいという方は役所に聞いてみれば発行してくれると思いますよ。

(追記)

額縁を買って来ました。サイズはB4です。賞状を入れて部屋に飾りました。

13675666679870

なんか感慨深いですね。二人が結婚した証です。それぞれの父親の名前も保証人として記載されているので、見るたびに身が引き締まる思いがします。

ちなみに既婚の女性に「婚姻受理届には賞状タイプがある」という話をすると、みんな知らなくて「欲しい!」と口を揃えて言いますよ♪

.

トピックス

結婚式は一生に一度の大切な思い出です。

その日だけは、自分のこだわりを通すことにワガママになってもいいのではないでしょうか?

そこでおすすめなのがウェディングの形を自分流にアレンジできブライダル専門の「ミュゼ」さんです。

例えば甘口のウェディングブーケから大人かわいいベール、みんなに注目されちゃうティアラやブライダルアクセ、インナー、リングピローまで花嫁さんをトータルでコーディネート!

ありきたりでない印象的なコーディネートで、数々のオリジナルスタイルのウェディングを演出しています。一生に一度の大切な一日だということを忘れずに♪

ブライダル専門ショップ「ミュゼ」 http://www.lemusee.jp/

.


結婚費用でお金がかかって心配な方へ⇒婚活 キャッシング
簡単ネット審査で借入可能か即回答!すぐ借りれるカードローンは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

すぐ婚限定特典で人気式場も大幅割引!【すぐ婚navi】で結婚式場を予約