実家 訪問

40歳からの結婚生活入門 » 実家訪問 » 実家訪問(1)奥さんの実家へ訪問 ふぅー緊張した・・・
img10132522261

実家訪問(1)奥さんの実家へ訪問 ふぅー緊張した・・・


奥さんの実家へ到着

最初の両家の顔合わせの食事会が行われたのが結婚式の5ヶ月前。その後に入籍して同居をスタート。まだお互いの実家へ行ったことがなかったので、結婚式まで3ヶ月を切った時期に行くことにした。

日程はだいぶ前に決めてお互いの親には連絡済み。日程的にまずは奥さんの実家が先になった。

顔合わせ食事会ではうちの父親がしゃべり倒したせいで奥さんのご両親とはろくに話せなかった。だからきちんとお話するのは実質的に今回が初となる。

奥さんに聞いて、事前にお土産を用意。旬のいちごのパックとちょうど子供の日の頃だったので柏餅を買っていった。

奥さんの実家は駅から少し歩いたところにある高層マンション。やがて家に着き、玄関に入り「お邪魔します」と言って中に上がると、奥からご両親が出てきた。

img10132522261
↑ 玄関にはこんなお面がドーン!と飾ってありました(笑)

室内はわりとこじんまりとした感じだが、よく整理されていて生活の匂いが漂う感じ。リビングに行き、まずはお土産を渡す。テーブルの上には出前の寿司などご馳走がズラリ。

後で奥さんに聞くと、普段は父親の本や書類が散らかっていて、食事はいつも別のテーブルでしていたとか。今回のために片付けたらしい。

会話がスタート!

さっそく席についてビールで乾杯。寿司などをいただきながら会食がスタート。といっても、自分以外は奥さんのファミリーのいつもの食卓風景なわけで、和やかな会話がさっそく始まっている。

近況を話したりしながら食事を平らげる。残すと食が細いと思われそうなので、ちょっと満腹気味だったけど頑張って食べた。

お土産のいちごを奥さんと母親が台所で器に移している間は父親の昔の会社の話をずっと伺う感じになった。

長いなぁと思いつつも、他に話題もないのでここは聞き役に徹して相槌を打つ。

ここで奥さんのアルバムを見せてもらうことになった。その量たるや相当なものだった。生まれた頃から小学校、中学校、高校、大学、社会人など時系列によく整理されている。

全部見るのは大変だったが、話題にことかかないので非常に助かったかも。

その後、奥さんの部屋に行ってみた。この部屋でつい最近まで暮らしていたんだと思うと感慨深い。でも女性の部屋というわりには素っ気ない感じだったかも。あまりメルヘンではなかった。

リビングに戻ってまたしばし会話が続く。聞いているうちに体がムズムズしてきて体を動かしたくて仕方なくなってくる。

最終的に3時間ほどたった頃に帰ることに。駅前のマルエツまで車で送ってもらう。少し買い物をしてから帰宅の途へ。

振り返って思うこと

奥さんは一人っ子で、家族の仲も非常によい。

母親と娘が仲がいいのは普通だが、奥さんの場合、父親とも非常にフランクで仲がよく、付かず離れずいい距離感で理想的な父娘関係を築いているようだった。

きっと素晴らしい子育てをされたんだろうなぁと思う。もし自分に娘が生まれたらこんな感じの親子関係になれたらいいなぁと思う。

また自分の職業やこれまでの人生についてきっと鋭い質問が飛んでくるのではと内心ビクビクしていたのだが、こちらが拍子抜けするほど質問がなかった。

あまり娘に干渉しない両親だとは聞いていたが、これほどなのかと思った。ある意味、娘の選んだ男だから信用している面があるのかも。

世の中には子供に干渉したがる親が多い。うちの親もそういうタイプで思春期の頃はかなり悩まされたものだ。

でも子供のしたいように伸び伸びと育てるのは、ある意味、干渉したいと思う気持ちをぐっと我慢して自分を抑えないとできないものだと思う。そういう意味ではご両親は非常に人間のできた人たちだと思う。

いつの日か、どのような教育方針で育てたのか秘訣を聞いてみたものだなと思った。


結婚費用でお金がかかって心配な方へ⇒婚活 キャッシング
簡単ネット審査で借入可能か即回答!すぐ借りれるカードローンは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

すぐ婚限定特典で人気式場も大幅割引!【すぐ婚navi】で結婚式場を予約