明治記念館 儀式殿

40歳からの結婚生活入門 » 式場見学 » 結婚式の式場見学の体験談:明治記念館(1)儀式殿&サロン・ド・エミール
DSC03219

結婚式の式場見学の体験談:明治記念館(1)儀式殿&サロン・ド・エミール


明治記念館
DSC03219
http://www.meijikinenkan.gr.jp/

明治記念館へ

JR中央線の信濃町駅を降りて徒歩5分くらいすると明治記念館の入り口が見えてくる。初めに見えてくる建物の入り口はブライダル専用入り口。もう少し歩くと正面玄関が見えてくる。今回はここから入ることに。

DSC03223

入り口に入るとすぐ目に飛び込んでくるのが撮影スポットにも使われる階段。友人の結婚式のときもここで撮影していたと思う。

当日は18件の披露宴と1件の結納が入っていることもあり、フロアは常にたくさんの人が行き交っている状況。

受付に式場見学カードを渡すと奥のブライダルサロンのフロアに案内される。白い4人がけのテーブルで、隣とは薄い敷居で仕切られている。

DSC03225

正面には明治記念館の紹介動画が繰り返し流れている。アンケートを記入して待っていると現れたのは婚礼事業部ブライダルアドバイザーのBさんだった。

今まで行った式場見学で出会った若い担当者と違い、おそらく50代の年配の女性だったので、最初はどうしたものかと不安になってしまった。

しかも前夜の疲れもあり、寝不足だったので、Bさんの話を聞いているうちに眠くなってしまい、途中、何度も意識が途切れてしまった。

ここで聞いた説明としてはアンケート内容にもとづき、招待人数や使える会場の説明など。説明が終わり、さっそく見学に行くことに。

本館玄関車寄せ

まず受付から儀式殿の方へ向かう。

DSC03228

すぐに見えてくるのが本館玄関車寄せの場所。ここは皇室の方が訪れるときだけ使われる玄関。外に出て天井を見上げると皇室の菊の家紋のデザインの照明がある。

サロン・ド・エミール

DSC03232

最初に見た披露宴会場は「サロン・ド・エミール」。この場所は明治21年に明治憲法の草案審議を行った由緒ある場所。

明治記念館の会場の中で唯一、本館使用料31,500円を取られる場所でもある。保護のために振動のするような出し物はやってはダメらしい。

また収容人数は40~56名だが、テーブルが入るとけっこう狭いので、出し物をやるスペースがないかもしれない。せいぜい鏡開きくらいかな。

儀式殿

DSC03240

続いて儀式殿に入る。ここは場所こそ違えど、明治神宮と全く同じ作りになっており、いわば本当の神社がここにあるという扱いになる。

だから入るときもお祓いの儀式を行わないといけない。会場でもここだけはさすがに撮影許可が出なかったのが残念。

この儀式殿は説明によると昭和22年に明治神宮を拝する結婚式場として作られたとか。

ここの通路を出ると今度は写真スタジオに続く

写真スタジオ

写真スタジオでは婚礼以外にもいろいろなイベントの撮影が行われているようで、なんと松井秀喜が二十歳のときの写真も飾ってあった。

DSC03242

さすが松井、今と全く変わらない顔。昔から老け顔だったんだなぁ。

.

.

          


結婚費用でお金がかかって心配な方へ⇒婚活 キャッシング
簡単ネット審査で借入可能か即回答!すぐ借りれるカードローンは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

すぐ婚限定特典で人気式場も大幅割引!【すぐ婚navi】で結婚式場を予約