打ち合わせ 司会

40歳からの結婚生活入門 » 結婚式の打ち合わせ » 司会の打ち合わせ » 司会者の決定(1)候補者のDVDを見比べてみる
maasa

司会者の決定(1)候補者のDVDを見比べてみる


東郷専属というYさん

最初の打ち合わせで渡されたのが司会者の映像が入ったDVD2枚。

1枚は東郷記念館の専属というYさん。もう1枚は女性・男性合わせて23名分が収録されている。

この違いは何かというと、所属事務所が違うため、DVDが違うとのこと。

持ち帰ってもしばらくはバタバタしていて放置していたのだが、ある日、時間ができたので奥さんと一緒にDVDを見てみることにした。

まずは東郷専属というYさん。

声は落ち着いた感じ。プロフィールを見ると、歌手デビューしたこともあり、FM横浜で10年以上もナビゲーターをしていた経験もあるという。

また専属の強みで、会場の特徴を生かした提案をしてくれるという。この時点ではどちらかというと、安定感・安心感のある印象だった。

ただ、このDVDだけではやや決め手にかける感じだった。そこで次にもう1枚を見てみることに。

もう1枚のDVD

その前に担当者が当日の空きがある司会者のリストを送ってくれている。そのリストの中から選ぶ必要がある。チェックしてみると5名以上は予定が入っていて指名できなかった。

DVDでは一人につき1分ほどの映像が収録されている。それぞれが少しずつ工夫を凝らしている感じ。

新郎新婦の入場の際のアナウンスを披露したり、自分の趣味や特技を話す人、~ができるとピーアールする人も。

聴き比べると全員が全員、滑舌がいいとは限らないことが分かった。無論、普通の人よりもよっぽど上手いのだが、細かい部分で声が尖っていたり、聞き取りづらかったり、声のトーンが気に入らなかったり。

この人はいい!と思った人をピックアップしてみると、

Kさん・・・元フジテレビの女子アナの高橋真麻みたいな顔でアナウンスが丁寧なところもそっくりに感じた。

maasa
 ↑ 実際はもっと美人な感じでした(^_^;)

Nさん・・・ハリセンボン近藤春菜似で名古屋のCBCで活躍。声がすごく聞き取りやすく、明るく快活な印象が強い

男性では2人が候補に。

Hさん・・・落ち着いた声のトーンで「ジェントルマン」という感じ。奥さんが「この声、好き」と言っていた。

Wさん・・・低いバリトンボイスでこちらも落ち着いた印象。

この4人に東郷専属のYさんを加えて合計5名が候補になった。さてここからどう選ぶか?

>>(2)に続く
.

overflow: hidden;

.


結婚費用でお金がかかって心配な方へ⇒婚活 キャッシング
簡単ネット審査で借入可能か即回答!すぐ借りれるカードローンは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

すぐ婚限定特典で人気式場も大幅割引!【すぐ婚navi】で結婚式場を予約