ウェルカムスピーチ

40歳からの結婚生活入門 » 結婚式の打ち合わせ » 司会の打ち合わせ » 司会の打ち合わせ(3)ウェルカムスピーチ、母親と一緒に退場の演出
home_product_img

司会の打ち合わせ(3)ウェルカムスピーチ、母親と一緒に退場の演出


ウェルカムスピーチについて

そして乾杯では新郎によるウェルカムスピーチがおすすめだという。Yさん曰く、少しでも新郎の声を聞かせることで雰囲気が変わるとか

今回、新郎側からは来賓の挨拶が全くないので、新婦側とのバランスも考えて自分で少しでもしゃべった方がいいかなと思った。でも何をしゃべればいいのか?

Yさんはすらすらと「今日は来ていただいて・・・」と短い文例を挙げてくれる。

「あっ、もう一言一句そのまんまでお願いします!」と思わず言ってしまった。

Yさんには次回の打ち合わせのときにその文例を書いてきてもらうことになった。本当にありがたい。

プロフィール映像について

自分がウェルカムスピーチをしてそのまま乾杯する。新婦がお色直しで退場、再入場するまでの前半にプロフィール映像を流すかどうかという話になった。

映像を作ってもらうか、自分たちで作るか、あるいは映像は作らず司会の方に読み上げてもらうか。

映像がある方がいいとは思うが、依頼するとお金がかかるし、自分で作るほどの技術に自信はない。余裕があれば作ってみるということになった。

home_product_img
↑ 後日、このソフトを買いました(^^)

母親と一緒に退場の演出

ここで演出として退場するときに母親と一緒に退場するというものがある。

新婦の父親には再入場で腕を組んで一緒に入場という仕事があるし、新郎の父親にも最後にスピーチという大役がある。だけど母親には出番がない。

だからこそ、母親に出番を作る意味でも母親と腕を組んで、あるいは手をつないで退場というのはどうかとYさん

奥さんは即OKだったが、自分はちょっと抵抗が・・・。

だってねぇ、母親と腕を組んで退場なんてこっ恥ずかしくてやってられない。手をつなぐのもイヤだ。うーん、どうしたものか・・・。

Yさん曰く、これはサプライズで行うのがいいという。退場するときに司会が母親に呼びかけるが、このときに出番があることを事前に言わない方がサプライズになっていいという。

なるほどそういうものかと思う。サプライズは大事だからなぁ。いいね。

>>(4)お色直しの中座、サプライズな再入場の演出
.

vertical-align: baseline;

.


結婚費用でお金がかかって心配な方へ⇒婚活 キャッシング
簡単ネット審査で借入可能か即回答!すぐ借りれるカードローンは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

すぐ婚限定特典で人気式場も大幅割引!【すぐ婚navi】で結婚式場を予約