結婚式 両親 プレゼント

40歳からの結婚生活入門 » 結婚式の打ち合わせ » 司会の打ち合わせ » 司会の打ち合わせ(7)花束とプレゼント、最後の挨拶とお見送り
DSC06525

司会の打ち合わせ(7)花束とプレゼント、最後の挨拶とお見送り


花束とプレゼントについて

最後に渡す花束とプレゼントについて。花束はあるとキレイに見える。

理由は手紙を読み、最後に新郎新婦、各両親の6名が並び、最後の挨拶を行うシーンがある。このときに花束があるととてもキレイに見えるから。

花束の渡し方には「クロス」と「ストレート」がある。

クロスは新婦が新郎の親に渡す、新郎が新婦の親に渡すやり方。でもYさんは以前からこのやり方に疑問を抱いていたという。

ストレートに自分の親に渡す方が親も喜ぶし、Yさんはこちらがおすすめだという。もちろん自分たちもストレートで行くことに。

プレゼントはあってもなくてもいいが、一般的には生まれたときの体重の人形やお米など。でも3キロもあると重いよなぁ。

Yさんは「食事券やディナー券、旅行券などもいい」という。これは要検討だ。

DSC06525
↑ ブーケの手作りキットで作りました

最後の挨拶とお見送りについて

新郎の父親の最後の挨拶について。実はこれが一番心配。父親が暴走してしゃべりすぎたらどうしようかと思っていた。

ただしYさん曰く、「だいたい1分くらいで400字以内で」という。ふぅー、これなら安心かも。

最後はお見送り。オークガーデンの場合、テラスから見送ることになる。

プチギフトを渡す際のバスケットは借りると有料なので自分たちで用意する方がいいかなと思う。

お見送りで一人ひとりに時間をかけてしまうと、先に出た人がその後の撮影まで延々と待たされることになる。

Yさんは「後で庭で写真とるから」と伝えて手短かに見送るのがよい」という。

>>(8)Yさんに逆インタビューしてみた
.

}

.


結婚費用でお金がかかって心配な方へ⇒婚活 キャッシング
簡単ネット審査で借入可能か即回答!すぐ借りれるカードローンは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

すぐ婚限定特典で人気式場も大幅割引!【すぐ婚navi】で結婚式場を予約